スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『月丸扇の旗の下・裏』 

 
この記事では、「月丸扇の旗の下」では語られていない、また紙芝居にも納まらなかった話。

また裏話やうp主の自重しない妄想を書き連ねていこうという記事でござ候・・・。

まずは一発目は、妄想のターン、小説風に・・・。
 
 
坂戸城陥落から遡ること4年前、1545年

常陸国・太田城


ここは城下町を一望できる太田城本丸の天守閣である

一人の僧体の、まさに文官と呼ぶべき男がやってきた

「殿。大殿の軍勢が甲斐を平定されたとの報せが。また、次郎義昭様が、見事一番槍の大手柄とか。誠に祝着至極・・・これで佐竹家は安泰でございますな」

甲斐国は今川家が武田家を打ち倒し、手中に収め、四方の山々を天然の要害とし堅く守っていたが、佐竹義篤率いる大軍を前に陥落した

「そうか・・・」

城下を眺めていた男がそっけなく言った

「殿・・・」

文官の男は不安げな顔をし、呟いた

「禅哲よ。わしは何のために生まれてきた?」

禅哲と呼ばれた男、佐竹宗家家老、岡本禅哲である
太田城の城代付き宿老として、長年に渡り常陸の国政に携わっている

「家を継ぐでもなく・・・戦で手柄を上げるでもなく・・・ただ、城を預かる身・・・我が生に如何ほどの価値があるのか・・・」

男は己の不満を垂れ流すように話した

「殿はこの太田城の城代として、相馬の抑えという重き役目を負われております。殿がこの太田城におられるからこそ、相馬は動けず、大殿は憂いなく西に進まれているのです」

禅哲は物事の本質をよく理解し、「適材適所」の言葉を誰よりも理解していた
しかし・・・

「相馬に大敗したわしが、相馬の抑えになるものか!!相馬が動けぬのは、この太田城の堅牢さ!加えて3万の精兵を前にしているからこそだ!!『佐竹義友』という存在に、何ら恐れなど抱いておらぬわ!!」

佐竹義友・・・佐竹義篤の庶長子で、太田城城代の役に就いていた。ゆくゆくは佐竹宗家一門衆の筆頭として、佐竹宗家を牽引すべき人物である。異母弟に佐竹義昭、同母弟に佐竹義繁、佐竹義顕がいる

「されど!その堅牢な太田城、そして何より佐竹軍の精兵3万を預けられる御仁が、殿の他におりましょうや!!」

文官とは思えない声を発した禅哲に義友は少したじろいだ

太田城、そして常陸国はまさに佐竹家の地
そして、西上作戦を進める義篤にとって本国・常陸は佐竹本軍の後背となるため、必ず死守しなければならない地でもある

そこを任させられるということは絶大な信頼であることに他ならない

「先の敗戦は致し方なきこと・・・」


先の敗戦とは・・・

義篤は盟友・宇都宮家の要請により相馬家の居城、小高城攻略の援軍のため、義友を総大将として太田城2万の兵から、1万2千の軍勢を国境に派遣した

しかし、宇都宮軍は現れずいたずらに時を浪費し、佐竹軍の士気は著しく低下。そして、現れたのは味方ではなく、敵である相馬軍1万5千であった

数の上では互角であったが、兵の士気には雲泥の差があった

奥州でも指折りの強さを誇る相馬騎馬軍団の奇襲、突撃により佐竹軍1万2千は四散

この戦いで、1万2千の兵の殆どと小山高朝を失い、義友自身も相馬家の虜囚となる大敗を喫したのであった



「・・・・」

義友は拳を握りしめながら、悔しそうな表情を浮かべていた

事情はどうであれ、敵の虜囚となる辱めを受け、生きながらえたことは義友の武士としての意地が許さなかった

この戦いで世間は義友のことを戦下手と評し、義友自身もこの風評を知っていた

「殿・・・」

禅哲自身も義友の苦悩を分かっているつもりであった

義篤が築いた内政基盤をよくまとめ、さらなる向上に努めていることも、誰よりも傍に仕える禅哲だからこそ義友の心情を理解しているのであった

「もうよい・・・下がれ」

「殿・・・!」

「下がれと申すに!!」

禅哲が何か言いかけたが、義友はそれを制止するほどの声を発した

「・・・御意」

禅哲は少し間をおき、天守閣をあとにした


義友は青々と雲一つない空を見上げながら、言った

「・・・わしとて、佐竹義篤の子だ」

「側室の子・・・一生、わしにつきまとうのか」




はい・・・・駄文、長文、大変失礼しましたm(_ _)m

勢いでやるものじゃないですね・・・;

とまあ、これはこれからの一例ということで、いろいろとやっていきたいと思います

では、次は動画で会いましょうノシ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

兄妹達面白かったからもういっかいやってほしいけど
忙しいから難しいですよねぇ・・・。

天下統一後、僻地に飛ばされ、それに憤った(敗戦、常陸で放置プレイ、後任の太田城主が北条とかいじめでしょw)
義友が挙兵するシナリオを妄想してますwww
義昭VS義友メインになるんだろうなぁ、なんてねw
武田や北条、今川といった有力大名も取り込んでるから、そこらへんの動向も気になりますね。

剣豪公方の扱いが難しいw

酔い枠

酔っ払って実況といえば、はるしげ氏の「酔っ払った男がバイオハザード」シリーズが有名ですね。
面白い動画なので、酔いやるなら参考にするといいと思いますよ!
あそこまでベロンベロンになるともうノブヤボやってる最中に吐きそうですけどww

月丸扇は普通に完結させて、他に酔いで実況ってのが理想・・・かなw

コメ返信

>天庵さん

コメントどうもです!

酒飲んでノブヤボはやるもんじゃないですねw

というか、もう義昭VS義友で後日談を考えちゃってますよ!w各武将のポジションも構想しちゃってます・・・・w

はるしげ様の動画見ましたw
あれは真似できませんwww自分がやろうものなら録画中のアクシデントは必須ですねw

No title

十八見て思ったこと。

>実況について
俺は素面のが好きなんですけどね;

>後日談(?)
奥州で見かけた黒い人はなにやってんだww
でも、あれ登用したら二番煎じになりますよね・・・

コメ返信

>天庵さん

素面が良いと言ってもらえて嬉しいです!

飲酒プレイは休日だけにしますw酒飲んで頭使った次の日は仕事どころじゃなくなるので・・・w

直家は・・・まあ兄妹達でほぼ主演だったので、もし今回も後日談やるとき(やる気か!?)は出しませんw

直家以上に濃い面子はわんさかいるのでw晴信・氏康・義元の甲相駿衆、長野・真田の上野衆、そして謙信ちゃんがいる!

二十の巻の感想

>家督
早めにやっていいんじゃないかなぁ
>剣豪公方
最近戦闘にでてきてないので対織田戦線に期待。

蛇足で「濃い面子」のことですが
伝説の顔芸二階堂盛義を獲得した事は大きい
せっかくだから鍛えましょう!(ぇ
・・・それより鍛えるべき武将は沢山居ると思うんですけどね^^;
プロフィール

ヴァイツェッカー

Author:ヴァイツェッカー
社会人1年目のヴァイツェッカーと申します。
ニコニコ動画で「信長の野望」実況プレイをやっています。

2010年12月23日現在、実況3作品(上洛・天下は二つで1作品)、純紙芝居1作品を完結。「義清戦記」と「白馬伝」が連載ストップしててすいません;再開の目途はまったく立っていないですm(_ _)m

時間と金に余裕のあるときは迷彩服に身を包み、サバゲーをやっています。地元・茨城と隣県(主に千葉県)へ遠征をしています

好きな戦国武将はもちろん地元茨城の戦国大名・佐竹義重、そして前田利家。
好きな三国武将は夏侯淵、張遼(勢力でも魏が好き)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。