スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『月丸扇の旗の下・裏』 五幕

 
今回は妄想小説のターンです

 
 

幕府軍本隊が畿内平定戦を展開している頃

 
美濃・岐阜城


「若君が・・・?」

使者の話を聞いた男が呟くように言った

「はっ。若君のその武勇・・・先君,義篤公の生き写しが如しとのもっぱらの評判。巷は,これで幕府は安泰であると安堵の空気に包まれております」


「ふむ。西国に大友家がおるが・・・所詮は九州の御家人上がり。今の佐竹家の威光の前には太刀打ちできまい」

この男こそ,かつて甲斐一国を有し,甲相駿三雄の一人に数えられた武田晴信である

現在は出家し,信玄と号している

「氏康殿と義元殿は?」

信玄は甲相駿三雄の残り二人の動向を伺った

「はっ。北条様は上様の本軍と共に,今川様は清洲城にて遊軍の任に当たっておられます」

「氏康殿は前線,義元殿は後方か」
 
信玄は目の前にある畿内の地図を見ながら,何か思案している顔つきであった

「この後・・・本軍は西国へ。我らは北陸の監視と本軍への援軍となるであろう。奥州の義友様への下知は?」

「義友様には引き続き,奥州探題として奥州統治を任されておる由」

現在,佐竹軍は大きく三つの軍に分かれている

将軍・義昭を大将とする本軍

義昭の異母兄,義友を大将とする奥州方面軍

同じく異母兄,義顕を大将とする北陸方面軍

もう一人の異母兄,義繁指揮の中部方面軍は攻略目標の信濃・美濃を制圧したことで,本軍に組み込まれる予定となっている

さらに奥州方面軍は「方面軍」という形を取っているが,事実上の奥州統治機関の体裁であった


「義友様も不憫よのう・・・。庶兄であるのに,奥州の片田舎で燻っておられるとは」

「されど,奥州の後方支援があればこそ,本軍の進撃が滞りなく進んでおるのでは」

使者は密偵の者であろう,情勢を理解している様子であった

「だが,親兄弟で争う乱世。そこまでの信頼関係が果たしてあるものかのう」

「・・・」

天下に轟く軍略家である信玄の言葉に使者はただ黙っているしかなかった

「まあよい,いずれ来るべき日が来る。我もいずれ本軍に合流しよう。氏康殿と義元殿によしなに伝えよ」

「・・・御意」

使者は音も無く,信玄の前から消え,ただ信玄一人が残った

「さて・・・そろそろ根回しを始めねばなるまい。天下の情勢は光陰矢のごとし・・・忙しくなるのう・・・」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

家宝やら官位やら、あと娘とか残ってませんでしたか?
そこらへんは大丈夫ですか?

コメ返信

>天庵さん

ご指摘感謝です!

現在(夜中の0時)うp中の「三十二の巻」で家宝・官位の分配を行いました

ただ現状の家臣団の中から婿にする武将と言われるとどうもパッとせず、姫の嫁ぎ先が・・・

No title

晴氏が死んでしまいましたねぇ・・・。
そして、村雨さんがんばれw

龍興が太閤立志伝5で勝家に勝ってたりしてたなぁw
義氏がつよいのはたぶんそういうことなんだろう、うん。
そして、義氏の動画見つけました。太閤立志伝だけど
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1357857
プロフィール

ヴァイツェッカー

Author:ヴァイツェッカー
社会人1年目のヴァイツェッカーと申します。
ニコニコ動画で「信長の野望」実況プレイをやっています。

2010年12月23日現在、実況3作品(上洛・天下は二つで1作品)、純紙芝居1作品を完結。「義清戦記」と「白馬伝」が連載ストップしててすいません;再開の目途はまったく立っていないですm(_ _)m

時間と金に余裕のあるときは迷彩服に身を包み、サバゲーをやっています。地元・茨城と隣県(主に千葉県)へ遠征をしています

好きな戦国武将はもちろん地元茨城の戦国大名・佐竹義重、そして前田利家。
好きな三国武将は夏侯淵、張遼(勢力でも魏が好き)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。